ブランドの大切な顔「織ネーム」
企画提案から製造までタイムリーで安心できる商品をご提供致します。

朱子織(Twill weave)

朱子織

特長

ブランドネームとしての需要が多く、高級感を持つ。

  • タテ糸、ヨコ糸おのおの5本以上で作られ、強い光沢を持つ
  • 糸密度が高く、糸間の隙間がほとんどない
  • 摩擦に弱いが、最も柔軟で、厚地にできる
  • 5枚朱子、8枚朱子、10枚朱子、裏朱子などがある
朱子織

質感 -表現力-

布地は厚いが、最も柔らかい感触をもつ。シワになりにくく、光沢に富み、平織に比べてボリュームがある。

  • 平滑で、光沢に富むため品の良い仕上がりになる。
  • 布地は厚いが、柔軟でフルバック時のうらどめもほとんど目立たない。
  • 5枚朱子、8枚朱子では、タテ糸の浮が多いため、地色は白ダテでは淡色に、黒ダテでは黒に近くなり、地色が出しにくい。
    また、細い柄、文字なども表現しにくい。
  • 5枚朱子の裏にあたる組織に「裏朱子」があり、ヨコ糸が多くあらわれるため、光沢がほとんどない。一見平織りのように見える。
    また、地色も出しやすくなる。
フルバックなしの製品
フルバックの製品
裏朱子

ページの先頭へ